RECRUIT

採用情報

広告運用者/入社3ヵ月

望月 徳馬 Tokuma Mochizuki

学生のころからの夢を諦めて
興味のあった広告業界に

大学を卒業後、イベント会社に就職するも1年で退職。大学4年間はバンド活動に明け暮れており、大学卒業後に就職したが、音楽活動への夢を捨てきれず、プロの道に進む。プロとして活動しながらも収入が安定せず、生活のためにバイトをしていました。そんな生活を3年ほど送り、一区切りを付けようと就職を決意しました。

広告運用のスキルは
人の役に立てると思った

バイトの時にインターネット広告に触れる機会があり、インターネットの世界に興味を持ちました。具体的には、レコード屋と老舗ロックバーでアルバイトしており、その時に集客について考える機会がありました。興味本位で色々と調べるうちに、様々なネット広告があることを知り、SEOの重要性を感じ、もっと広告の知識があれば、アルバイト先でもっと活躍できただろうな。と悔しさを感じました。自分がWEBマーケティングのスキルを磨くことで、人の役に立てると思いアップスタジオへ入社を決意しました。

ベンチャーなので厳しい環境だと
覚悟してきた

ある程度覚悟していた通りだったので、ギャップはありませんでした。戸惑ったこととしては、物事が進むスピードが速いので、仕事のスピード感について行くのに必死でした。そのため、タスク管理を細かくやり、自分にとって良い仕事のペースを模索しています。少しスケジュールに余白を残すようにし集中力を切らさないような工夫をしています。

長期的な目標を持つと、
能動的に動けると思う

最近を振り返り思ったこととしては、自分の知らないことがあまりに多いんだと痛感した。もっと、早く知っていれば、その道を本気で目指したかもしれない。
興味をもったことには、積極的にバイトからでもやってみることをお奨めします。
興味のあることにチャレンジして、自分の殻をやぶることをやってみて欲しい。
やりたいことがきっと見つかるはず!